GoLS Groupe of Leading Subnational Governments toward Aichi Biodiversity Targets

連合メンバーの概要

自然共生社会の実現に向けて

 愛知県は、多様な主体の協働により「人と自然が共生するあいち」を実現することを目指しています。
 連合によりサブナショナル政府の取組の活性化を促し、愛知目標の達成に貢献していきます。

愛知の概要

  • 人口:約750万人
  • 面積:5,163㎢
  • GDP:約3,500億ドル
  • 主要産業:自動車、航空機
  • 自然保全地域:県土面積の約17.2%
  • 動植物相:16,180種

 愛知県は、日本の中心にあって、その南岸は太平洋に面しています。県庁所在地である名古屋(日本第三の都市)は、県の西部に位置しています。
 愛知県は、日本一の製造品出荷額を有する産業県であるととみに、環境と産業が両立した持続可能な社会を目指しています。

愛知の自然

愛知県では、丘陵地や山林、里山*、農地、都市、湿地、干潟、河川、海岸など多様な景観や生態系が見られます。

四谷の千枚田

※都市域と原生的自然との中間に位置し、農業や林業といった様々な人間の働きかけを通じて環境が形成されてきた地域

矢作川
シデコブシ

あいち生物多様性戦略2020

~「人と自然が共生するあいち」の実現を目指して~

 2013年3月、愛知県は、生物多様性条約に基づく愛知目標の枠組みの中で、愛知県の地域目標を定めた地域生物多様性戦略及びその行動計画として、あいち生物多様性戦略2020を策定しました。

 あいち生物多様性戦略2020は、県内の産業の集積が高いことを踏まえ、経済と環境を調和させることを目的としたあいち方式を採用しています。

 あいち方式では、県民、事業者、NPO、地方自治体などの社会の多様な主体が共通の目標に向かって協働し、人と人とのつながりを育みながら生態ネットワークを形成していきます。 愛知県は、県内全域で9つの地域ごとに2020年までに生物多様性の喪失を止めるための効果的な取組を実施しています。

<生態系ネットワーク協議会の取り組み事例>

地域在来の森林を復元するための苗木の共同栽培

工業用地に残っている森に集められた種子は、地元住民や小学校に配布されます。その後、種子を栽培して苗木にし地元の公園や街路に植樹します。

湿地 : 1960年代
耕作地への埋め立て及び農地としての利用 : 1970~2000
回復 : 2013

メキシコ州政府連合(ANAAE)

“コミットメントは環境と生物にとって重要である”

構成:

  • 28, 州政府事務局
  • 1, 環境委員会
  • 16, 環境弁護士
  • 1, 環境コーディネーター
  • 2, 環境組織

 メキシコ州政府連合は、環境開発のための経験、プログラム、行動を分かち合う目的で、環境当局間の調整と作業を行う組織です。

 メキシコは、世界の主要国の一つであり、約20万種の生物(世界の生物種の10〜12%)の生息地となっています。

 また同時に、2万6千種もの植物が生息する世界で4番目に植物種が多様な地です。また、2,500種はメキシコの法律によって保護されているため、世界で2番目に豊かな生態系であり、全種で4番目です。

 メキシコの広大で豊かな自然の結果として、メキシコ州政府連合は5つの地域で取組を実施しました。

北西部
北東部
中央部
南東部
西部
北西部

 国家環境庁全国協会は、劣化を止めるための公的政策を策定する上での重要なポイントとして、環境ガバナンスの推進を促進する政府と市民社会の戦略的提携、協力、経験の交換に向けて努力しています。生態系の確保と保護、私たちの自然な豊かさの支配的利用、環境サービスの公正な配分を、愛知目標に沿ったものにします。

 国の環境当局は、生物多様性が国家発展にもたらす重要性を認識しています。私たちはこの分野へのリソースの公正な方向転換のために取り組みます。さらに、政府機関の能力を強化し、政府の議題における生物多様性の価値を主流化することを最優先課題としています。

保全の挑戦:ダイナミックな地域で非常に豊かな自然遺産

 カタルーニャは、多様で豊かな自然遺産、社会経済的な財産の基盤である健康で回復力のある生態系を未来の世代につなげていくために管理責任を負っています。
 われわれの生物多様性戦略は、人間の重要な圧力の下にある小さな地域であることを踏まえ、土地利用と経済活動の適切なバランスを見極める必要性に取り組み、自然環境、自然資源、環境サービスを保護します。

カタルーニャ州の概要

  • 人口:7,508,106人
  • 面積:32,108㎢
  • 主な生態系:森林と牧草地(63%)、農耕地(29%)、いくつかの山脈を持つ丘陵地帯、海洋敷地を持つ580kmの海岸
  • 動植物相:30,000以上の種、3.600の維管束植物、441の鳥、41の大陸魚。カタルーニャは地中海の生物多様性ホットスポットです。
  • 主な圧力:地域の30%で7百万:激しい産業および農業活動:年間20万人の観光客、道路インフラの密集化と拡張、110種の外来種

カタルーニャの自然

 カタルーニャには、ヨーロッパのさまざまな風景が小さな規模で収められています。3万km2を少し上回る地域には、さまざまな地質、土壌、気候、方向、高度、海洋があります。これらの要素を組み合わせることで、カタルーニャは、素晴らしい生態学的多様性と豊かな景観、生息地、豊富な種を提供します。自然と半自然の生息地は600種類以上あります。地域の65%が高度な自然特徴を保全し、保護地域は土地の32%をカバーしています。
 我々は、石灰質の草原、岩石が多い斜面、混合した落葉広葉樹林、林立したオーク材の森林など、保全が最も必要とされる脆弱な陸および海洋の生息地を保護します。海洋生息地には、リソソームバイサイドとポジシオニアオーシャンの潜水性牧草地の岩石、中緯度石灰化トロット舗装(舗道)が含まれる。絶滅の危機に瀕し又は脆弱な植物種が180種以上あり、その分布は知られています。
 生物多様性と自然遺産に関する長期的なモニタリングプログラムは、傾向を検出し、意思決定を支援することを可能にします。

圧力への対応は、知識、保全、自然遺産の持続可能な利用の分野で行動を起こしています。

知識

  • 私たちは自然遺産に関する情報を整理します。
  • 私たちは自然遺産の構成要素を評価します。
  • モニタリングプログラムを通じて傾向を特定します。

保全

  • 私たちは絶滅危惧種を回復します。
  • 私たちは領土の32%を保全します。
  • 私たちは劣化した自然環境を復元します。
  • 私たちは、人間活動の影響を受ける保護地域を管理します。
  • 私たちは土地管理を推進します。

持続可能な利用

  • 私たちは、持続可能な土地利用モデルを保証します。
  • セクター別の方針を変更します。
  • 保全とともに、私たちは新しい機会を促進します。
  • 我々は地球規模の気候変動政策を強化します。

カタルーニャは、愛知目標を達成するために積極的に取り組んでおり、生物多様性条約の戦略に対応して既に様々な行動を行っています。

生物多様性の価値に対する一般市民の意識の高まり:66%を超える人々にとって、自然問題の社会的意識の高まりは重要な問題です。
統合土地利用計画:生息地保全は、土地利用計画の重要なパラメータを構成しており、バルセロナの首都圏土地利用計画と沿岸システム土地利用マスタープラン(2005年)があります。
カタルーニャの自然保護区域システムの強化:カタルーニャの32%の区域を保護し、ヨーロッパのNatura2000サイトを保護します。
生息地の再生の促進:悪化した自然環境を含むグリーン・インフラストラクチャー計画があります。 特に湿地や沿岸の風景が復元されています。
生物多様性に関する知識の向上:生物多様性保全およびモニタリングプログラム(2009年)、カタルーニャBdデータベース(25万sp)及び長期モニタリングプログラムがあります。
自然遺産と生物多様性に関する新しい法律における生物多様性保全基金の構想

“江原道”自然保護、人生と平和の調和

江原道は、2014年にCOP12を開催し、生物多様性の保全、利用及び生物多様性条約の実施のための行動として「江原道における生物多様性戦略」を確立しました。 さまざまなステークホルダーとの協力を通じて、2020年までに戦略の67の主要タスクを実行しています。

  • 人口: 約156万人
  • 面積: 16,873.5km2
  • 主な生態系:森林(82%)、314kmの沿岸線、国立公園、湿地帯を持つ東海岸の潟
  • 自然保護区:道の約29.9%
  • 動物相と植物相: 5,353種

江原道は朝鮮半島の東部に位置し、韓国では第2位の規模を誇っています。江原道は山岳地帯であり、通常はヨンドンとレイナンの2つの地域に分かれています。 東側地域、ヨンドンには、沿岸平野の急斜面があり、西側地域、レイナンには、韓国最大級の数河川の源流がある、壮麗な斜面や山々があります。 また、18の都市と郡があり、首都は江原川西部に位置する春川市です。

江原道の自然

江原道には白頭山系、非武装地帯、東海岸などの3つの中心的な国家軸と、カルスト地帯、269の湿地があります。韓国の中でも、絶滅危惧種が最も多くなっています。

ソラク山国立公園
(最も古い国立公園であり韓国初のユネスコ生物保護区)
ダイサンリュウエイ湿地
(国立湿地であり韓国初のラムサール条約湿地)
クレーン(天然記念物)、渡り鳥の食糧を提供するために収穫後に稲わらを残すことによって生物多様性を促進する。
非武装地帯 (生態平和公園)

江原道における生物多様性戦略

江原道は2014年12月、生物多様性の調査、住民の生物多様性への意識調査、専門家の作業グループ協議を通じて「生物多様性戦略」を確立しました。 この文書は、6つの中核目標と18のターゲットを達成することによって、愛知目標に応えるとともに、 生態系サービスの持続可能な利用と生物多様性の体系的な保全を目的としています。
6つの中核目標:

  1. 生物多様性の主流化
  2. 生物多様性の保全の強化
  3. 生物多様性への脅威の低減
  4. 生態系サービスの持続可能な利用
  5. 生物多様性の構築に関する研究・管理システム
  6. 生物多様性保全に関する地域協力

絶滅危惧種の修復- 愛知目標 12
“慶尚湖プロジェクト”

1970年代以降の食糧生産を促進するために、湿地は耕作地として埋め立てられ始め、復旧まで民間農地として使用されてきました。 生態系は、周辺の湖沼による水循環の中断や栽培期間中の農薬の使用によって損なわれました。 修復後、約50年間、埋土していたウミシイ(絶滅危惧種)の種子が自然発芽し始めました。

Germinating naturally of Prickly water lily
湿地 : 1960年代
耕作地への埋め立て及び農地としての利用
回復 : 2013

生態系の回復 - 愛知目標15
“ミスリョン道路プロジェクト”

ミスリョン道路は、国立公園の一部としてつながる、国家中心の生態学的軸である。 トンネルを建設した後、ミスリョン峠の上にある道路やサービス区域のために、 壊れて切断された生態系の軸を修復するプロジェクトを確立することによって、復旧が進行しています。

Before (Service area, parking lot )
After(currently restoring)

Protecting What Sustains Us

 健康な生態系は健全な人々を支え、我々は豊かな生物多様性を守る責任があります。そういうわけで、オンタリオ州は生物多様性を保全し、天然資源を持続可能に利用することにコミットしています。パートナー(政府、先住民コミュニティ、利害関係者、一般の人々)と協力して、私たちは引き続き重要な保全活動を導き実施しています。

オンタリオ州の概要

  • 人口:1,350万人
  • 面積:107.6万km2
  • 250,000 湖(世界の淡水の1/5)
  • 世界の湿地の6%
  • 11.2%の自然公園及び保全地域
  • 30,000の既知種
  • 50%以上の森林

オンタリオの生物多様性

 オンタリオ州は、南部の五大湖とカロリニアの森林から、カナダ中央部の多くを通じたカナダの盾、遠い北部のハドソン湾低地のツンドラまで、幅広い生態系と関連種を保全しています。オンタリオ州はまた、世界的に希少な種(例えばアルヴァル)と、オンタリオ州でしかほとんど見ることができないいくつかの種(例えばマスケランジュ、レイクサイドデイジー)を保全しています。私たちは、誇りを持ってこれらの管理と保護のための広範な責任を負います。

ハドソン湾沿岸
オンタリオ南部
キラーニー州立公園
ウチワサボテン

オンタリオの生物多様性保全の枠組み

図1 オンタリオ生物多様性戦略2011
- ビジョン、ゴール、戦略の方向性及び目標

オンタリオ州の生物多様性戦略2011は、オンタリオ州の豊かな生物多様性を今後10年間保全するための指針です。

図2 オンタリオ州の生物多様性戦略2011の実施計画

オンタリオ州政府の行動

出展:生物多様性 私たちの自然2012-2020

オンタリオ州、生物多様性目標を推進するための協力

 オンタリオ州の生物多様性戦略は、州の生物多様性ビジョンと目標を推進するための戦略的枠組みです。この戦略は、生物多様性のために相互に有益な目標と成果を達成するために、共同体、組織、セクターの中で、協働することに基礎をおいています。そして、4つの戦略的方向、すなわち「人の関与」、「脅威の低減」、「回復力の強化」、「知識の向上」に従って行動を識別します。

 進捗状況を追跡するため、戦略は愛知目標をモデルにした15の生物多様性目標を特定します。オンタリオ州生物多様性評議会は、オンタリオ州の生物多様性2015年報告書を発表し、オンタリオ州の目標達成を示すとともに、45の指標の現状と動向を評価しました。

 オンタリオ州生物多様性理事会は、オンタリオ州の生物多様性戦略の実施を導き、進捗状況を国民に報告するために、2005年に設立されました。理事会は、保全および環境団体、業界団体、先住民組織、学界、政府からなる34人のメンバーを擁しています。この幅広い会員は、セクター間での生物多様性の主流化の精神を具現化しています。政府を含むすべての部門は、オンタリオ州の生物多様性戦略を推進するため、具体的行動を明らかにした実施計画を策定するよう奨励されています。オンタリオ州政府の行動要請への対応は生物多様性に関するものです。地方自治体の措置を設定する、オンタリオ州政府の生物多様性保全計画(2012年-2020年)は、単独で又は第三者と協力して行われます。

ケベック州

 生物多様性条約事務局があるケベック州は、生物多様性の保全と愛知目標の達成に向けたツールを開発した地方の州です。コビック川の保護を目的とした取組は、注力した最近の活動の一つであり、持続可能な開発の観点から、地元の先住民族のコミュニティと密接に連携して行われました。

ケベックの概要

  • 人口:約820万人
  • 面積:170万㎢
  • 動植物種:41,367種

ケベック州は、カナダ最大の州で、人口では2番目に大きな州です。首都はケベックシティです。ケベック州は、その土地の巨大さ、その地域の半分以上に及ぶ森林、数え切れないほどの湖と川、主要な鉱物資源、そしてセントローレンス川が特徴です。

ケベック州保護地域ネットワーク

ケベックの生態学的参照枠組み:効果的な保全ツール

 他の用途の中でも、このマッピングと領土の生態学的分類ツールは、優先保護が必要な地域を特定し、保護地域のネットワークの効率を検証してケベックの生態系の代表であることを確認できるようにします。

北部地域の野心的な保全目標

 ケベック北部の持続可能な開発と発展のために、プラン・ノードの広範なプログラムの下で、ケベック州は保護区域に愛知目標11を達成するための野心的な保護目標を設定しています。

These statistics include areas for which legal designation is pending. The protected marine area target stems from Québec’s Maritime Strategy for 2030.

協議に基づく地域計画策定

2010年以来、ケベック州のすべての地域で、地域のステークホルダーの緊密な協力を得て保護地域計画が実施されています。このプロセスにより、ケベック州は、効率的で、代表的で、社会的に受け入れられる、保護地域のネットワークを計画することができるようになります。

ヌナビクのコビック川の保全

写真:Catherine Pinard - ARK

北部コミュニティの優先的保全の中心となる川

 2011年と2012年に、保護地域はヌナビクのコミュニティとの大きな協議対象でした。協議の報告書によれば、コビック川とその流域には優先的な保護が必要であると明記されています。なぜなら、原住民の地域住民は伝統的な活動をしており、基本的な食糧であるホッキョクイワナに依存しているからです。

2015年の春、ケベック州は4,651平方キロメーターの保護区の創設を発表しました。リバイエール・コビク水生生物保護区は、すべての産業活動が即時禁止されています。

写真:Catherine Pinard - ARK
写真:Mélanie Veilleux-Nolin - MDDELCC

持続可能な発展モデル

 地域のステークホルダー間での一年間の協働のおかげで、提案されたリビエール・コビク水生生物保護区の最終的な設計は、環境、社会、経済的利益を幅広く取り入れ、プロジェクトを持続可能な開発の一例としました。

さまざまな保存利益

 伝統的な先住民族の漁業に欠かせないホッキョクイワナの生息を保護することに加えて、保護区はイヌイットとそれ以前の人々の過去の生活の痕跡を見せてくれます。保護区はまた、リビア・オフィール・フィリエス・カリブーの繁殖地にあり希少な植物種がいます。

写真: Mélanie Veilleux-Nolin - MDDELCC
写真: Mélanie Veilleux-Nolin - MDDELCC
写真: Mélanie Veilleux-Nolin - MDDELCC
写真: Catherine Pinard - ARK

生物多様性保全に向けたパートナーシップ

 環境問題を具体的に進めるためには、持続可能な開発の経済的側面および社会的側面を忘れることなく、多様なパートナーを調和させる必要があります。生物多様性を主流化するためには、革新的な解決策と新たなコミットメントが、民間セクターと市民社会を重要な味方として、政府によって育成されなければなりません。サンパウロは、このようにBSAPの実施を進めるために努力しています。

サンパウロ州

  • 人口:約4,200万人
  • 面積:25万㎢
  • 経済活動:ブラジル市場に対する工業生産の35%、サービスの34%
  • 環境保全地域:18%

 サンパウロ州は、南米最大の経済・産業拠点として評価されています。今日では、州は世界で19番目に、南米では2番目に大きい経済規模を有しています。世界の他地域と比較して7番目に豊かな地域であり、ブラジルのGDPの約3分の1を生み出します。

サンパウロ州の自然

 サンパウロ州には、2つの重要な生物群系があります。約15,000種の植物と世界の脊椎動物の5%以上を占める大西洋森林と、生物多様性の面では世界で最も豊かなサバンナとして知られるセラードがあります。
 また、サンパウロには、大西洋森林生物圏保護区などの重要な生物多様性のホットスポットがあり、7,800万ヘクタールの面積が生物的豊かさのためにユネスコによって認定されています。これまで、サンパウロは、規制と検査、堅実な復旧プロジェクト、市民社会と民間セクター双方の大胆なイニシアチブを通して、森林破壊の進行を防止できるブラジルの唯一の州の一つです。今日、私たちの領土の18%は、大小の保護団体、恒久保護区域または法定保護区域を通じた環境保護の下にあります。現在、私たちの主な課題は、健全な行政と外部パートナーシップの助けを借りて、これらの保護地域の管理強化に焦点を当てています。
 サンパウロで行われた取組の詳細については、以下のアドレスにアクセスしてください。
www.ambiente.sp.gov.br/en

Serra do Mar州立公園のItariruコアにあるZé-Bedeu滝
写真: Lucas Cuervo
Saíra- military (オス) - 写真: Miguel Nema

サンパウロ州生物多様性アクションプラン2011-2020

 環境事務局(ポルトガル語の略称SMA)が創設された1986年以来、サンパウロ州は生物多様性の議論において強力な存在となっています。2011年には、サンパウロ生物多様性委員会が設立され、生物多様性条約の実施、特に愛知目標の実施に向けて、「サンパウロ行動計画2011-2020」が承認されました。

 当初、7つの前向きな行動で設計されたサンパウロ行動計画は、生物多様性条約の生物多様性目標に沿って最近更新されました。これらの変更は、導入初年の後に得られた知識を反映しており、主に新しい行動の機会に適応しています。

 サンパウロ行動計画を通じて、サンパウロの活動やさまざまなレベル(国際、国、市など)の多くの生物多様性イニシアチブと民間機関との相乗効果を促進することを目指しています。私たちの目標は、生物多様性条約の目標の達成に関する効果的な結果を実現することです。

Nascentesプログラム

 ブラジル南東部の水不足のピークに達した2014年に考案されたこの計画は、サンパウロ政府が河畔林を維持・回復するためにこれまでに実施した最大の取り組みです。ポルトガル語で「Nascentes」は「春」を意味し、このプログラムは2万ヘクタールの河畔林を修復することを目的としています。12の州事務局を統合するこのプログラムには、修復の専門家、起業家、学術セクター、市民社会、植生を復元する必要がある土地所有者など、いくつかの利害関係者も含まれています。

 設立から2年も経たないうちに、このプログラムは堅実な運営体制を確保しています。1,084ヘクタールはすでに復元されており(サッカー場1,512件に相当)、州内に180万本の苗が植えられています。

水の増加を検出 写真: Diário Oficial de São Paulo
ピラカイア/サンパウロに植える苗