鋳n球温暖化(タイトル)


地球温暖化とは?    温室効果ガスの種類    温暖化の原因
愛知県の状況    愛知県の取り組み    私たちにできること


1 地球温暖化とは?

 この100年間に地球の気温が上昇したり北極の氷がうすくなったと言われています。このようにこれまでになかった速さで地球の気温が上昇していることを「地球温暖化」と言います。地球の気温が上昇すると世界各地の気候が変わり、生き物にさまざまな影響を与えます。
 空気中の二酸化炭素などの「温室効果ガス」には、地面から出される熱(赤外線)を吸収し、空気を温める働きがあります。この働きにより、地球は人間や動物、植物が生きていくために適した気温に保たれています。
 しかし、人間の活動により、大気中の温室効果ガスの濃度が増えると、空気や地表にとどまる熱が多くなり、地球の気温が上昇することになるのです。


●温暖化の仕組み
温暖化の仕組み(説明図)


上へ戻る



2 温室効果ガスはどんなものがあるの?

 地球温暖化の原因となる物質を温室効果ガスと呼んでいます。温室効果ガスには下の図のような物質があります。
 そのなかでも地球温暖化の一番の原因は二酸化炭素だといわれています。愛知県でも温室効果ガスのうち、二酸化炭素の割合が一番高くなっています。


上へ戻る



3 地球温暖化の原因は?

 地球温暖化の原因はいったい何なのでしょうか。
 一番の原因と言われているのは、空気中の二酸化炭素の濃度が高くなったことです。

 二酸化炭素は物が燃えると発生します。つまり、人間が石油、石炭、ごみなどを燃やすことによって発生するのです。人類は産業を発展させるために大量の燃料を燃やし続けてきました。これによって、私たちの生活は豊かになり、便利になりましたが、空気中に二酸化炭素を出し続けてきました。

 また、人間が家を建てたり、家畜を飼ったり、畑を作ったりするために森林を伐採しました。森の木は生長するときに空気中の二酸化炭素を吸収し、酸素を放出します。つまり、森林を伐採したために二酸化炭素を減らしてくれる木を減らしてしまいました。

 こういったことが原因で空気中の二酸化炭素は現在も増え続けています。


上へ戻る



4 愛知県の二酸化炭素濃度の状況

 空気中の二酸化炭素を愛知県の一宮町で測定していますが、少しずつ濃度が上昇している様子がみられます。

上へ戻る



5 愛知県の取り組み

二酸化炭素を削減するためにはエネルギーの使用量を減らすことが一番効果的なので、工場、事務所、家庭などで省エネルギーを進めるように呼びかけています。

交通渋滞を減らすような道路の整備をしています。

ゴミを燃やすことによっても二酸化炭素は出てくるので、ごみを減らすことやリサイクルを推進しています。

植物は生長するとき二酸化炭素を吸収するので、都市の緑化や森林の保全も進めています。

二酸化炭素をはじめ他の温室効果ガスを測定してその結果をみなさんに発表しています。



上へ戻る



6 地球温暖化を防ぐために私たちにもできること

 二酸化炭素の排出量を、人間の活動の種類別に見ると、いちばん量が多いのは産業(工場などで物を作る時に出る量)ですが、 最近増加しているのは運輸(トラックなど物を運ぶ時に出る量)と民生(家庭から出る量)とゴミ(ゴミを燃やす時に出る量)です。 そして、これらの活動から出る二酸化炭素の量は今後も増えていくと予想されています。したがって、産業からの排出量を減らすのと同時に、 日常生活における私たちの取り組みも、二酸化炭素の排出量をこれ以上増やさないために大切なことであるといえます。 たとえば、エアコン、ストーブ、冷蔵庫、照明、テレビなどの使い方を工夫して電気、ガス、灯油などを節約したり、ゴミを減らすことによって、 無駄なエネルギーを減らすことができます。一人一人ができることから省エネルギーに取り組んでいきましょう!


上へ戻る



地球環境問題に戻る



環境学び部屋ホームへ