反射板付きHf蛍光灯を設置した倉庫

反射板付きHf蛍光灯を設置した倉庫

改善前・改善後の概要

高効率型の照明を倉庫に設置し、
約37%の消費電力削減に成功

愛知海運株式会社あいちかいうん

エネルギー削減率(電気) 60.6%
CO2削減量 61.4t/年
投資回収年数 10年

明るくなったね

明るい照明で作業効率の向上にも効果

 物流企業にとって、運送コストと同様に貨物を保管する倉庫の照明コストをいかに削減するかが課題。天井が高く広大な倉庫には、多数の照明、電気が必要になるためだ。港湾運送を中心に展開する愛知海運は、貨物の保管施設も兼ねる流通センター(飛島村)で照明の省エネ化を図り、コスト削減を実現した。
 同社ではまず、流通センター内にある3つの倉庫のうち2か所の照明を従来型蛍光灯からHf蛍光灯に更新した。Hf蛍光灯は、インバーターにより周波数を変換して高周波で点灯する。スイッチを入れるとすぐに点灯したり、消費電力を抑えられたり、従来型蛍光灯に比べて高効率だ。
 また、設置したHf蛍光灯は反射板付き。Hf蛍光灯の上側に反射率の高い板を取り付けることで、光が拡散せずに効率よく下方に反射して集まり、直下照度を高められる。従来型蛍光灯の2灯分近くの照度を1灯でまかなえる場合もあり、省エネにつながる。
 同社はさらに、高天井の倉庫とオープンヤードの照明を水銀灯からセラミックメタルハライドランプに更新した。このランプは発光管の材質がセラミックス製で、劣化が少なく、長寿命。水銀灯に比べて、照度が高く、消費電力も削減できるという特徴がある。
 倉庫、オープンヤードの照明の取り替えに伴って、電灯用変圧器と動力変圧器もトップランナー仕様のものに更新。消費電力効率が向上し、年間を通じて省エネに役立った。
 こうした取組で、流通センターの電力を約37.3%削減できた。このまま省エネ効果が得られれば、投資は約10年で回収できる見込み。現場も明るくなり、作業効率の向上にもつながっているという。

高効率変圧器

高効率変圧器

名古屋カンパニー 流通センターセンター長 佐々木統浩さん

名古屋カンパニー 流通センター
センター長 佐々木統浩さん

 同社はまた、倉庫内の荷役作業で使うフォークリフトにハイブリッド型も採用。環境に配慮した取組も積極的に進めている。

PROFILE

愛知海運株式会社 流通センター
〒490-1446 愛知県海部郡飛鳥村東浜二丁目1番10号
http://www.aikai.co.jp
  • BACK
TOP