コージェネレーションシステムの発電機

コージェネレーションシステムの発電機

改善前・改善後の概要

熱転換効率の高いコジェネで省エネを促進
環境配慮に協力した宿泊客には還元サービスを提供

ワシントンホテル株式会社わしんとんほてる

館内に掲示された環境配慮型ホテルのポスター

館内に掲示された環境配慮型ホテルのポスター

経営企画室長  布目浩さん

経営企画室長 布目浩さん

工夫が施されてるね!

無駄を省き、工夫を凝らす環境配慮型ホテル

 全国展開しているワシントンホテルは名古屋市に拠点を置き、3つのホテルブランドを運営している。平成9年以降、本格的に省エネと環境保全に取り組んでいる。
 その中で成果を上げているのが、都市ガスを使用したコージェネレーションシステムだ。ホテルで使用する電力の一部をガスエンジンで発電するとともに、その際に発生した蒸気は吸収式冷温水発生機及び給湯に利用している。
 多量のお湯を使うホテル業において、給湯設備はコストアップの要因となるが、同システムの導入により、エネルギーコストの削減につなげている。
 コジェネは100%の一次エネルギー(ガス)に対し、電力約35%、熱約45%が得られ、総合で約80%以上の高い効率が得られるシステムであることから、電力、冷暖房、給湯が欠かせないホテルの運営には最適なシステムである。
 また、ホテルの客室も省エネを意識した構造となっており、電力の無駄をなくすため、宿泊客が在室している時だけ照明や空調など、電気を使用する全ての機器に通電する省エネスイッチをいち早く取り入れた。この他、遮光、断熱ふすまを使用した窓の設置により空調負荷の低減を図ったり、消費電力の低い蛍光灯などを採用したり、さまざまな省エネ対策を客室内に取り入れている。
 さらに独自の取組として、歯ブラシやカミソリの持参を呼びかけ、持参者にはスタンプを押印し、スタンプの数により商品券を宿泊客に還元するサービスも実施している。ホテルのアメニティグッズの多くが廃棄されている中、持参すれば特典がもらえるという、宿泊客も協力しやすい取組だ。この結果、CO2に換算すると、平成23年度はR&Bホテル名古屋錦(名古屋市中区)で1200kg以上の削減に成功したという。
 今後も同社は環境配慮型ホテルとして「できるかぎり無駄を省き、工夫を凝らしながら、よりよいサービスを提供していく」(経営企画室)という。

PROFILE

ワシントンホテル株式会社
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦三丁目12番29号
http://www.washingtonhotel.co.jp/
  • BACK
TOP